自殺の朗読

05 31, 2009




759 本当にあった怖い名無し New! 2006/03/17(金) 02:26:32 ID:LTrLz8Id0
実際にあったお話です。

怖い話が好きで、自宅の近所であった自殺の話を
少し脚色して、ネットで公開したそうです。
その夜、投稿に対するレスを確認していると
突然、電話が鳴りました。
自分が投稿した文章を電話の向うで朗読しているそうです。
か細い、女の人の声で。
これは自分の文章だとスグにわかり、きっと個人情報を
得た人間の悪質なイタズラに違いないと思いました。
ところが、脚色部分から、次第に朗読する女の声質が変わり
かすれた声になり、男の声に変わってゆきました。
しかも、脚色した内容とはかけ離れた、実際にあった
自殺の内容になっていったのです。
投稿した内容は、自殺者が女性、首吊り、文語体。
変わって行った内容は、自殺者が男性、首吊り、口語体。
実際にあった自殺は、男性、首吊り。
怖くなって電話を切り、無意識に手を合わせて「南無阿弥陀仏」を
繰り返したそうです。
自分の家には仏壇も無く、そんな習慣も無いのに。
今でも、女性から男性へと変容してゆく時の声が耳について
離れないそうです。




関連記事

Previous: 廃遊園地

Next: ぐにょ
2 Comments
By 中尾ジョニイ圭佑05 31, 2009 - URLedit ]

森繁久彌に読んでもらおう。

By 怖い名無し05 31, 2009 - URL [ edit ]

垂木勉氏に読んでもらうとバラエティーっぽくていい感じ

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
Sponserd

最近の怖い話
最新コメント
通勤・通学時にモバイル怖い話
QR
カテゴリ