カラス鳴き

02 02, 2012
カラス鳴き

49 :名無しさん@涙目です。(静岡県) :2011/08/20(土) 00:34:06.75 ID:i10GN6+J0
お前ら、「カラスの鳴きが悪い」って分かる?

おれはなんとなくわかってさ、鳴きが悪いなーと
思ってると、大抵身近に不幸がある。



53 :名無しさん@涙目です。(東京都) :2011/08/20(土) 00:36:46.56 ID:TisRt3hn0
>>49 それ有名じゃない?
早朝やけにカラスが鳴くなと目を覚ますと近所で誰か亡くなったとか結構あった



94 :名無しさん@涙目です。(catv?) :2011/08/20(土) 00:55:57.47 ID:Snck+RHp0
>>49 祖母の時がそれだったわ。
朝ゴミ出してる時に「やけにカラスがうるさいけど、おばあちゃん亡くなった?」って唐突に近所の人に言われた。
は?とか思ったけど、丁度その時に携帯に「祖母が死んだ」って連絡先があったわ。
>>49のレス見てゾッとした。

その前の夜に、妹とその娘(2才)が帰ってきてたんだけど、その娘がふいに
「大婆ちゃん(祖母)が帰ってきたね」って言葉があったわ。
その後に「仏壇の部屋で頂きますしてる」って言ってた。
その時は意味不明だったけど、そういう事もあるんだなって感心した。


君に

10 06, 2011
686 :本当にあった怖い名無し:2011/10/06(木) 22:42:35.79 ID:8z5J4U6Y0
大学時代に可愛い後輩がいて、ずっとちゃん付けしてた。
ある日、キャンパスの近くのカフェに呼び出された。

後輩「先輩、ちゃん付けはキモいです」
自分「じゃあ、どう呼べばいいの?」
後輩「君でお願いします」
自分「ちゃん付じゃダメ?」
後輩「ダメです!」
こんな掛け合いを20分ぐらいしてたら、後輩がついに怒った。
そして、大声でこう言った。

後輩「せめて君にしてください! 君に!」

ぶっ、とカフェオレを吹き出す僕。
ぱりーん、と店員がコーヒーカップを落として割れる音。
そして店内は静かになった。
突き刺さる自分と後輩への視線。
あの時は本当に
死ぬかと思った

拷問部屋

02 26, 2011


990 本当にあった怖い名無し sage 2006/05/11(木) 17:19:15 ID:v9zGMmkF0
毎度埋めようの長文

「お前は、そういう体験が怖くないのか?」と聞いたら高倉君は意外にも「怖い」と答えた。
高倉君はいわゆる霊能のある人間で、代々神職を務めているのだそうだ。
「少なくとも、此方4代は神職だったらしいな」
等と言っていたが、実際は良くわからないらしい。
何となれば「そもそも神社がない。鳥居も見た事ないし、何を祭ってるのかわからん」のだそうだ。
「なんだそれ?」
「うん、多分、地元の産土神を代々守っているだけでなんだろう、形式が簡略化されて云々……」
と説明されたがよくわからなかった。産土神とは土地神の事なのだとか。
「で、どういうのが特に怖いんだ?」
「特にって言うと……イタリアでひどい目を見た事があるけど、あれが一番だったな」
高倉君は皮肉げに口元を釣り上げる。
「あの時は、ローマからバチカン、フィレンツェなんか行って来たんだが、冗談にもならない目にあったね。
ローマから電車で幾らか行った所に、大きくはないが僧院を改築して宿にした所があるんだ。
元僧院とは言ってもかなり綺麗にはしてあるしまぁ、申し分はないのだが、修道士の部屋と言うのは伝統的に採光用の窓が一つあるきりで非常に暗く、四方は石壁だから、なんとも陰気だった。
僕は、そこで一晩過ごす事になったのだが、まぁ、察してくれ、彼の国の農村を。香気、薫風、太陽の輝き、離れ難いではないか。それで、結局もう一晩泊まる事にしたんだよ。
だが、宿に戻ったらもう人がいっぱいだと言う。そこを何とかと捩じ込んだら、じゃあ、普段使わない部屋なら良かろうと言う事になった。いわゆる物置きで、僧院であった時も物置きだったのだとか。
部屋に連れられると、どうも黒い臭いがした。別に文学的表現のつもりじゃあない。あの煤だとか埃だとか、諸々の塵芥が燻っている様な、据えた胸が重くなる様な臭いだったんだ。
何か厭な予感はしたが、横車を押した感もあるし、やっぱり辞めます等とは言えない。僕は渋々その部屋に入った。

991 本当にあった怖い名無し sage 2006/05/11(木) 17:19:49 ID:v9zGMmkF0
どうせ、日が落ち、昇るまでの間だ。我慢すれば良かろう……そう思っていたが、どうも重っ苦しい気分で寝つけない。
僕は寝酒をもらいに行こうと思って身体を起した。
……と、壁に何かがいた。
赤白だんだらの、家守のような者がへばりついている。尻尾をゆらゆらと揺らせている。なんだ、可愛い奴め、などと思って眺めていと、ぽっ、ともう一匹現れた。
壁に穴でも開いているのか、何もない所からにょっきりと姿を見せた。
はてさて?と思っていると、又一匹又一匹という塩梅で、あれよと言う間に十近くになった。
これは流石に気持ちが悪いので追っ払おうと思って立ち上がるとズン、と胸が重くなる。肩も重い。重油を浴びせられた様にドロッとして噎せ返る重さだった。
不味いな、と思ったが身体は制御が効かず、ふらり、と件の壁の方へ流れていく。
赤白い群れがちろちろと動く。その数、既に三十にもなんなんとしていた。
僕は壁の前で膝を崩した。立っていられなかったのだ。
目の前にある、それは舌だった。乾いて萎んだ舌が壁中から生えていたのだ。
流石にこれには胆を冷やしたし、今でも何故気付かなかったのか不思議でならない。
そうこうしているうちに舌の群れは何かを求める様にちろちろと動き、次いで、壁には歯が生えだした。
それから唇や青白い顔がめりめりと生えてきた。いずれも少年達だった。
彼等の顔が出て来てから耳内でわんわんと反響する音が聞こえた。ハウリングの様なキーンと高い音だが、それはキリエ・エレイソンの合唱、少年達の歌声だった。


992 本当にあった怖い名無し sage 2006/05/11(木) 17:20:23 ID:v9zGMmkF0
少年達はいつの間にか僕の目の前で歌っていた。
しかし、彼等は、下半身が丸出しだった、いや、目の前にぶら下がっていたんだからね、間違いない。
歌は次第に震え、途切れがちになった。遂には絶叫に変わった。
狂った様に叫ぶ少年達は全然別個に逃げる者もあれば、ぐぅと黙って咽ぶ者もいた。逃げた少年は何かに引き倒された様に転び、白い尻に赤い線が浮かんだ。何条も浮かんだ。鞭の跡らしかった。
それで、わかったんだ。これは、記憶だ。
この部屋が記憶している、過去の記録の再現だ。
使われない物置き小屋、何の事はない、懲罰部屋さ。
三十を越す少年達の阿鼻叫喚の地獄絵図。全員、尻にぶち込まれて哭いてたよ。どうやら複数人にやられた者もいたらしかった。
ただ、全員、泣きながら聖書の文句を諳んじさせられていた。それが名目だったのだろう。
後で知った事だが、女性に対して接触する事が出来ない修道士同士の同性愛や結婚やセックスを禁じられた神父が修道士と鶏姦することはままある事だったらしい。
勿論、公になっては不味い事だがね。
……それで、さ。部屋いっぱいに少年達の歪んだ姿体が蠢いているんだが、一人、壁際にいた少年が何かを構えた様な格好をした。
ナイフか何かか、と思ったが、次の瞬間、彼の身体にゆらゆらと炎が浮かんだ。
そして、あっという間に、少年は燃え上がって黒い燃料の様になって倒れ伏す。とそれを合図に、少年達が一斉に口を塞がれ、組み伏せられた様な動きをする。
何か口に詰め込まれたのか、ぐぅぐぅと唸る。それから、ギュ、ギュ、ギュと音がなる。
舌が切り離されていた。
舌は壁に打ち付けられ、少年達は消えていた。そして舌はするすると萎んで枯れて、朽ちてしまった。


993 以上。 sage 2006/05/11(木) 17:20:57 ID:v9zGMmkF0
懲罰部屋じゃなかったんだ。拷問部屋だったんだ。
これもつい最近知ったことなのだが、教会と言うのは処罰を実施する場合、破門が最高で人の命を奪う事までは出来ないのだそうだ。
かの悪名高き異端審問、魔女狩りも教会による裁判ではなく市井の裁判に“払い下げる”のだそうだ。
あの僧院の拷問部屋……いや、処刑部屋と言ったが良いか。
あれは、そもそも懲罰の為や処刑の為にある部屋じゃあないと言う事だよ。
では、何かって?
あくまで推論だが、神職者が子供を攫って来てレイプする為の部屋だったんじゃないかと思うんだ。
僕は、結局、朝まで表をぷらぷらと歩きながら過ごしたよ。……」




佇むおじさん

02 25, 2011

44 本当にあった怖い名無し New! 2007/01/21(日) 02:34:38 ID:d9lG//XuO
一昨年のお盆、祖父の家で毎年恒例の親戚が集まって焼肉してた。
近所のおじさんが買い物袋を両手に持って、祖父の家のすぐそばの踏切でぼーっと立っていた。

そして踏切が鳴り、大声だしたらおじさんに聞こえる位置なので、親戚一同「危ないよ!!」って叫んだが、おじさんはまだつっ立ってる。

親戚の一人が走り駆け付けたが間に合わなく、電車が来てそのままおじさんは跳ねられてしまった。

親戚一同絶句ですぐ警察と救急車を呼んだが、おじさんは即死。

見た目は手足がありえない方向に曲がってたくらいで、ぐちゃぐちゃとまではいかなかったが、あとあと聞いた話だと体の内部がもう完全にいってたらしい。

そのおじさんは特に鬱でもなく普通の50後半のおじさんで、親戚が来てたらしく買いだしの帰りでこれから飲むぞって時だったので自殺も考えられないが一応事故となった

忘れられないお盆でした。

そして去年のお盆、祖父の家に泊まりに行き、田舎なので夜中に星がやたらとキレイだから酔い醒ましに見に行ったんだわ。

一昨年のお盆に、事故があった踏切が見えるのでちらっと見ると、買い物袋持って人が立ってるんだな夜中の2時だってのに。

こんな事があっていいのかって感じだった。

見にくい長文ですまない






死因

02 25, 2011


723 本当にあった怖い名無し 2005/05/21(土) 11:46:39 ID:rOF8AFj10
大学生の頃、友人3人(A,B,C)とCの家の近くにある有名な心霊スポットに胆試しに行くことになった。
その心霊スポットとはある画家の廃墟になったアトリエでした。なんでも、うまく絵がかけなくて、
気が来るって自殺したそうです。午後8時に現地(廃墟の隣にある駐車場)集合することになり、僕はAとBと一緒に僕の車で現地に向かい、Cだけは 近いということで自転車で向かうことになりました。僕たち3人は現地に午後7時半に着きました。そしたら、
いたずら好きのBがニヤリと笑って「Cを脅かしてやろうぜ!」といい、僕とAはそれに賛同しました。
Aが「でも、どうやって脅かす?」って言ったらBが「いい考えがある!ちょっと廃墟のアトリエで準備してくる」
と言ったので、僕が「でも大丈夫か?廃墟はやめたほうがいいよ」といいましたが、Bが「お前は怖がりだなぁ」
って馬鹿にしたのでそれ以上は止めませんでした。Aが「7時50分までは戻ってこいよ。Cが来てしまうから」
というとBは「わかってる、わかってる」といって廃墟の中に入って行きました。とりあえず、Aと僕は近くの物陰
に隠れて待つことにしました。何分たったでしょうか、僕は異変に気づき始めました。背筋のあたりが急に寒くなって
きたのです。なぜだか分かりませんが足が震え始めました。Aに「いやな予感がする」といったら、
Aも「お前もか・・・」と青白い顔をしてこちらを見ました。僕は「やばいぜ、Bが戻ってきたらCを待って一旦引き上げよう」
といいました。7時50分になりました。Bは戻ってきません。と同時にCがやって来ました。事情を全部Cに
話しました。そしたらCは「どうして一人で行かせたんだよ!」とカンカンに怒っています。とりあえず、
3人で8時まで待つことにしました。さっきよりさらに背筋にゾワゾワするものを感じてきました。
いつの間にか8時20分になってました。Cが「もう限界だ、中に入ろう!」といったので

724 本当にあった怖い名無し 2005/05/21(土) 11:47:27 ID:rOF8AFj10
3人で廃墟のアトリエに入ることし決めたそのとき、廃墟のドアがゆっくり開きました。Bか?
と思いましたが、そこに立っていたのは白装束で髪が長く、血だらけの顔で右手には包丁、そして
左手にはよく見えないがおそらくはBの生首!!を持っている人が立っていました。僕たち3人は
悲鳴を上げ全力で駐車場のほうへ走りました。後ろを振り返ると首は落としたのか、包丁だけもった
人が追いかけてきます。なんとか僕たち3人は車に逃げ込み、エンジンをかけて車を発射させました。
しかし、その血だらけ男はその瞬間に追いつき、車にしがみついてきました。怖くなって、
スピードを上げ、左右にハンドルを切ったら、その男は振り落とされ、どうやら岩で頭をぶつけたようで、
それ以上は追ってきませんでした。とにかく逃げ切った僕たち3人はそのまま警察に行き、
Bが殺されたことを警察に伝えました。

次の日、Bの遺体が見つかったそうです。しかし、なぜか首はついてました。
そして、なぜか、顔には赤い絵の具が塗ってあり白いシーツを身にまとっていた
そうです。近くにBの似顔絵が落ちてありました。そして、硬いものに頭を
ぶつけたのが死因だそうです。


戒名

02 24, 2011


744 名前: 本当にあった怖い名無し 2006/08/15(火) 19:24:38 ID:oozgZNAz0

お盆なので・・
かなり前の話。犬の散歩で近くの公園に散歩にでてたんだ。するとなんだかイヤな雰囲気。
犬がいきなりおびえて逃げようとする。
するとバレーボールがどこからともなく飛んできたんだ。
なにげに拾い上げてみると、「・・・・・童女」という戒名が書かれてあった。
周りを見ても人っ子一人いない・・・。
恐怖に駆られて一目散に逃げた。
バレーボールが好きだった女の子・・・帰って来てたんだろうなあ。








おとうさん

02 24, 2011


458 本当にあった怖い名無し sage 2007/03/17(土) 12:33:33 ID:NdxWCoAO0
子どもの頃の怖い話。

父は、休みになると本当に一日中寝ていた。
眠そうな目をして遅めの朝食を食べ、再び布団に戻ると夕飯まで起きない。
たまの休みぐらいゆっくりしたい気持ちは、今でこそ理解できるが
まだ幼かった私は、かまってくれないことに腹を立て、よく泣きじゃくっていたらしい。

夕飯前に父を起すのは私の仕事だった。
私は、こんもりと盛り上がった布団の上に勢いよく飛び乗った。
「おとーさん、ばんごはんだよ~!!」
「んー」
起きているのか寝ているのか分からないような、低い声が聞こえる。
どうやら目覚めが悪いらしい。布団から起き上がる気配もない。

父の布団の中に潜り込もうとしたとき、母が台所から私を呼んだ。

「けいちゃん、お父さんなら今日出張でいないんだよ」




おいてけぼり

02 23, 2011

178 本当にあった怖い名無し sage New! 2007/11/25(日) 17:41:36 ID:HH5+KB0b0
俺の友人が実際経験した話。
彼は温泉好きでよく山奥の温泉街に車で行ってるんだけど、ある日ひとりの男性をヒッチハイクした。
男性はこの温泉街で友人三人と待ち合わせしていたが、すれ違いをしたらしい。
ここから先にある秘湯に行く予定だったと言う。
三人は先に行っているかもしれないから、そこまで乗せてくれということだった。
携帯の電波も届かないというので、仕方なく男性を乗せて山奥へ向かった。
しばらく山道を走ると、助手席の男性が「旧道が見えるでしょう?そこへ入ってもらえます?」と言う。
言われるがまま旧道へ入ると、目の前にえらい不気味なトンネルが見えたんだそうだ。
トンネルの前で降ろしてくれと言うので、彼は男性をそこで降ろした。

よく見ると、トンネルの中には無人の白いセダンが一台。
男性はセダンの横に立って、じーっと中の様子を見た後、こちらへ歩いてきたんだそうだ。
「いやー、おいてけぼりくらったみたいです。悪いけどまた乗せて戻ってくれませんかね?」
男性がそう言うので、不思議に思いながらもまた男性を乗せて戻ったんだそうだ。
温泉街で男性を降ろした後、彼自身は温泉を満喫して自分の家に帰った。

その後、ニュース番組で練炭自殺の報道を見た彼は「二度と行きたくない」って言ってた。







解釈

02 22, 2011


412 本当にあった怖い名無し sage New! 2007/12/28(金) 21:21:37 ID:mVAiyCew0
中学の頃の先生から聞いた話。長い話だったんだけど、
自分なりに短めにまとめてみます。

先生がまだ大学生の時、大学の先輩が教員免許を取るために
小学校に実習に行ったそうだ。
先輩は受け持ちになったクラスの子供達とすぐに打ち解け、
大変な実習もどうにか乗り越えられそうだった。
実習終了まで後わずかとなったある日、
受け持ちのクラスの女の子の家が火事になり、
二階の子供部屋で寝ていた女の子とお兄ちゃんが亡くなってしまった。
一階で寝ていた両親と生後数ヶ月の赤ちゃんはどうにか逃げ出して助かった。
突然の訃報にショックを受けたクラスメイト達は、
みんな泣きながらお葬式に出席した。
お葬式の後学校へ戻った先輩は、クラスの子達が授業の時間に描いた絵を見ていた。
絵の課題は「家族の絵を描きなさい。」
みんな思い思いに自分の家族を生き生きと描いている。
その中に亡くなってしまった女の子の絵もあった。
大きな画用紙に描かれた家族の絵。
お父さんが赤ちゃんを抱っこして、お母さんと一緒に花壇に水をやっていて、
二階の窓からは、女の子とお兄ちゃんが三人に向かって手を振っている。
そんな、家族の日常を描いたほのぼのとした絵。

…先輩はハッとした。
今回の火事で逃げ出せたのも外に居る設定で描かれていた三人。
逃げる事が出来ずに亡くなったのは家の二階に居る設定で描かれていた二人。
「まさかとは思うけどさぁ、二階に居て手を振ってるのって、
火事で身動き取れなくて助けて欲しくて手を振ってる姿だったり…しないよな。」
先輩はそう言うと黙り込んでしまったという。






幼児には理解不可能

02 16, 2011

幼児には理解不可能
550 本当にあった怖い名無し sage 2005/03/23(水) 06:26:55 ID:MI/71mg10
冬の夕方6時半頃
かなり暗くなって街灯もない田舎道を歩いていた
俺の家は県が管理している鶏の試験場で働いている人しか住めない所で
実際あるのは俺の家を含めても6件と専用の小さい寮が1件あるだけだったから
5時を過ぎるとその辺で道を歩いてる人はほとんどいない
6歳の俺は遅くまで遊んでいた事を後悔しながらちょっと早足で帰っていた
家路の途中必ず通るトラック1台分くらいの小さいトンネルがある
昼でも暗くて気味が悪いトンネルなのに夜通る事なるなんて・・俺の足はさらに速まる
トンネルの中間地点まで来たとき出口の方で何かがトンネルを横切った

551 本当にあった怖い名無し sage 2005/03/23(水) 06:35:51 ID:MI/71mg10
中間地点から出口までは20m程しか無いのだが
辺りは暗くなっていて街灯も無いトンネルだったので
何か人影の様なものが横切ったという事くらいしか分からなかった
一瞬ぎょっとしたがきっと試験場付近に住んでる人だと思い
その人の後ろについて帰ろうと出口まで走った
だが出口についてその人がいるべき方向を覗くと誰もいない・・・
思えばこんな静かな夜道なのに物音ひとつ立てずに歩くのは難しい
自分の足音はこんなに響いているのに・・

552 本当にあった怖い名無し sage 2005/03/23(水) 06:51:27 ID:MI/71mg10
(ここにいてはいけない!!)
何かものすごく嫌な予感がして気づいたら子走りで坂を登ってた
登ってる途中必ず神社の前を通らなければいけない事を思い出して泣きそうになった
(下を向いたまま走ればいいんだ!!絶対他は見ない!!)
そう思い神社に差し掛り下を向こうとした直前
それまでは自分の足音しかしてなかったのに何か変な音が聞こえた・・・
表現が難しいのだが何というか鎌で草を刈る音みたいな感じの音が絶対聞こえたのだ
自分は下を向いていたのだがその音で一瞬目線だけ神社の方向を見てしまった

553 本当にあった怖い名無し sage 2005/03/23(水) 07:04:06 ID:MI/71mg10
(しまった・・)
絶対見ないと決めていたのに・・・今までの集中力が一気に切れた
だが・・・何も無い・・・
絶対何かいると思ってた神社も別に暗くなっただけの昼間と変わらない神社だった
物音もよく見れば風で木の枝が揺れる音だった
さっきまであんなに速かった鼓動も冷たかった指先もいつもの感じに戻り
段々目線も高くなってさっきまでの事は忘れて夕ご飯の事をちょっと考えようとしてた

556 本当にあった怖い名無し sage 2005/03/23(水) 07:15:52 ID:MI/71mg10
(アレ・・・)
そこの神社の入り口には高さ5メートルくらいの赤い鳥居があるのだが
何か変なのだ、おかしい・・意味が分からない・・・
(えっ?・・・)

俺は泣いてるのか笑ってるのか自分でもよく分からない顔で走った
家に着いて玄関のカギを閉めてフトンの中に潜った
意味が分からなかったのだ・・
暗くて寒い冬の夕方明かりも何もつけずに鳥居の上に老婆が立っている意味が

おしまい


捕まれた腕

02 15, 2011


951 本当にあった怖い名無し 2008/02/20(水) 17:54:55 ID:qNPfrFZI0
見てるだけのつもりだったんだが、
ちょっと流されて俺が経験した話を・・・

中学1年の時の話なんだが、 夏場に腹を壊して地元の市民病院に入院したんだ
原因はただの胃腸炎だったし1週間程度で退院できるとのことで
しかも、4人部屋を俺一人での独占だったし 初めての入院経験を楽しんでいたわけだ

4日目の夜のこと、どうやら回復が早かったみたいで退院が決定して、
今まで親が同じ病室に泊まりこみで一緒に寝てたんだが、
最後なら一人で過ごしてみるのもいいじゃないかと思って、 その日は親を帰した訳よ
んで、いざ一人だとなかなか怖くてMD聞きながら寝たんだが、 何時くらいだったか、ふと目が覚めたんだ
なんで目が覚めたのか解んないだが、ふと左側に気配がして見たら
俺の左手首を誰かが掴んでてパッと話して引っ込んだんだ
俺が寝てたベッドは窓側で左側はカーテンだし、 さっきも言ったが、俺の部屋一人だったのな
その手首掴んでた手はどうみても男の人の手だったから
担当の医師だろうと思ってその一瞬は納得してたんだが、 部屋を出て行く時の足音が一切なかったんだ、
俺の担当の医者は夜でもスリッパ鳴らして歩く癖のある人だったんだが、
一切音がなかったからすっごい不安になったよ
ほかの医者か誰かが、点滴を見に来たのかなと思ったんだが、
明らかにおかしいんだよ点滴してたのは右手だったし、 一々カーテンの隙間から手だけだして見たりとかしないだろ?
そんで、怖がりな俺はその後布団にもぐって無理やり眠りについたんだ

次の日、カーテンの裏側を見て見たら、 そこにはTVラックが置いてあって、人が入れる余裕すらないのな
もう、一気に背筋が凍ったよ。特に左腕に後が残ったわけとかでも無いし、
呪われた的なこともなかったんだけど、すっげ怖かった。

微妙な文章だし、あんまり怖くなかったらスマン(・ω・`)




02 06, 2011




962 本当にあった怖い名無し 2008/02/08(金) 02:40:32 ID:2DKW0pcu0
ある日部屋のドアから風が吹いて目が覚めた。
風?家の構造上まずそんな風吹くはずないのに。
ドアのほうを見ると体育座りした白い女がいた。
それだけ






大事にしますね

02 06, 2011
663 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/02/25 11:49

失礼します。有給を取って静かな一日、パソコンに向かっております。
そんな私のちょっとした体験談を汚文ながら書き込ませて頂きます。

妻に先立たれ、娘は昨年結婚。とうとう私一人になりました。
定年まであと8年も残っています。
よく生前の妻と定年後は旅行でも。と毎日のように話しておりました。

一昨晩のこと、妻が夢の中に現れて私に言いました。

「あなた。来月は結婚記念日ね。定年まで大変でしょうけどがんばってね。
洗濯はできてる?外食ばかりではダメよ。いつまでも私の物片付けないで
いるの?もういい加減に片付けてよね。」

妻の闘病生活約1年半を思い出し仕事が手につかず、2日間の有給休暇
を頂いて昨日妻の私物の整理をしました。
するとタンスからA4サイズのノートを発見しました。ノートには料理の
レシピがビッシリと書かれていました。体の弱っている頃の妻の手書きの
レシピ本でした。

このような体験は初めてでした。あまり伝わらないでしょうけど本当にあった
話しです。

妻へ
最後にありがとう。大事に大事にしますね。

駄文失礼しました。


665 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/02/25 11:56

>>663
あんた 書き込むスレ間違ってるYO



体に入る影

02 05, 2011
211 本当にあった怖い名無し sage 2005/07/20(水) 23:26:16 ID:iRrFPK4p0
>>200
なんかブレアウィッチっぽい(((;゚Д゚)))

じゃあ、漏れもひとつ
中学校の時の話。
漏れと何人かの友達は学校が終ったらほぼ毎日野球をしていた。
まぁ、みんな未経験者で和気藹々と野球を楽しんでたの。
場所はよくある河川敷みたいな所で、倉庫みたいなのがぽつんと一つあった。
日が暮れたら野球終わりの合図にしてて
んで、体験したその日は別にいつもと変わらず野球してて
いつもと同じように日が暮れたのね。
ボールが見えなくなってきたんでお開きにしようって事になって
野球道具片付けてたんだけど、そこで一人の友達が
「ちょっとまって!!アレ・・・何?」って倉庫の方を指差した。
214 本当にあった怖い名無し sage 2005/07/20(水) 23:43:51 ID:iRrFPK4p0
>>211の続き
「ん?どれ?」みたいな感じで注目したら
黒い人影が地に足ついてない感じでスイスイ動いてる。
まだ明るいのに、その人影は真っ黒なの。
そして、みんな注目しきったその時
その人影がスーってこっちに向かってきた。
「なんだアレ!!絶対ヤバイ!!」とかいいながら、恥ずかしいい話だけどマジで中学生にもなって
ションベンちびりそうになった。
みんなも半泣きで。
自転車に速攻またがって必死で逃げた、とにかく家まで全力疾走した。
家に着いて少し落ち着いたんで、友達に電話かけてみた。
話を聞くとみんな自転車で逃げたみたいなんだけど、一人だけ自転車で来てない奴がいて
しかもその友達はキャッチャーやるタイプの太った子だった。
途中まで見てた友達曰く
黒い人影の標的はもうキャッチャー君になってたらしい。
漫画みたいな話だけど、そのキャッチャー君転んじゃって、黒い影がキャッチャー君の体に入って
見てた友達はごめんって思いながら必死に逃げたらしい。
次の日キャッチャー君は学校に来て別に異常はなかった。
ここで話は終わり。
でも二度とあの場所にはいかない。

長文、乱文スマソ。


誰かいる

02 04, 2011

誰かいる

503 本当にあった怖い名無し sage 2005/08/20(土) 19:44:38 ID:RbNp2K/90
801 :本当にあった怖い名無し :2005/08/20(土) 02:04:46 ID:T58MJ+lYO
3年前くらいの話です。その日は体調が悪く学校を休んで家で寝てたんです。うちは親父もお袋も働いていて兄弟はみんな学校に行ってしまって一人きりでした。
ふと目が覚めてしばらくぼ~っとして喉が乾いたので冷蔵庫にジュースを取りに行ったら(うちは二階建て)階段を上がってくる音がしたんです。
誰か帰ってきたのかなと思って普通に気にしてませんでした。でもちょっとおかしいんです。うちの階段は10段あるんですが明らかにその数を上るより多く音が聞こえるんです。


504 本当にあった怖い名無し sage 2005/08/20(土) 19:45:52 ID:RbNp2K/90

カタン、カタン…何度も登り降りしているみたいで明らかにおかしい。ビビってとりあえずドアの鍵をカチッとしめたんです。そうしたらその音に気付いたのか登り降りする音がフッて止まったんです。
ほんの一瞬の静寂っていうかシーンとしたんです。で僕ここで少し気抜いちゃったのがいけなかったんです。今度はほんとに上がって来たんです。やばいと思ったんですけど何を思ったのかずっとドアをにらんでました。
ドアの前まで来て止まったんです。板一枚隔てた向こうに何かいるんです。僕はずっとドアをにらみ続けました。するといきなりドアノブがガチャガチャいいはじめたんです。

僕は必死にノブを押さえました。力いっぱい押さえてもガチャガチャいってるんです。何時間そうしてたかはわかりませんが気がつくと普通にドアの前で寝ちゃってたみたいで夢かと思ったんです。それにしてもリアルな夢だったなと 思いました。しかし次の瞬間事実だったのだと確信しました。ドアには鍵が掛っていたのです。冷や汗がでました。でも鍵が掛っていたので諦めたんだと思いちょっと安心しました。だけど
内側からしかノブは回らないんだ。~終~ 超長文申し訳ございません。


疫病神

02 03, 2011


227 1/2 sage 2005/12/17(土) 09:39:19 ID:GFX+IfpO0
1年くらい前の話。
私の従兄弟(仮にA)はサッカーやってるんだけど、ある日夢を見たんだって。
サッカーやってる時、メンバーに知らない同い年くらいの男の子がいて、
「一緒にやろう」って言ってくる夢。ちょっと不思議に思ってAはメンバーに、
「昨日こんな夢見たんだけど…」と打ち明けた。そうしたらなんと他のメンバーも
全く同じ夢を見ていたらしい。気味悪いね、って言ったりしてたんだけど、実際に
何か出るなんて誰も思っていなかった。けどある時サッカーをやっていて、
Aがゴールへ向かう時、ゴールキーパーの足がダブって見えるんだって。
腰から下がもう一つ、キーパーの横にあるんだって。同じようなユニフォームを着た
足がキーパーの体からスッと横へ飛び出てきたらしく。
でも気にしないようにしてその練習試合も終わり、メンバーにまた話したら、
キーパー以外の全員がそれを目撃していた。それで「あぁ、あの夢は…」ってなった。


228 2/2 sage 2005/12/17(土) 09:39:55 ID:GFX+IfpO0
そしたらその日から毎晩、その男の子が皆の夢に出てくるようになった。
「サッカー一緒にやろう」決まってそれを言ってくる少年。
他のメンバーはどうだか知らないけどAは元々細いんだけど、
165センチで40キロくらいまで痩せてしまった。今は45キロあるとかだけどね。
で、お払いをしようということになり、メンバー全員で神社でお払いを受けたんだ。
それ以来誰の夢にも出てこなくなった。これで解決した…。皆そう思っていた。
けどAはちょっと霊感が強く、よく幽霊を見るほうだった。
そのサッカーチームが公式試合をやった時。Aはドリブルでゴールへ向かい進んでいた。
そしてシュートを決めようと、ボールを蹴った時――Aの足が折れた。
しかも太もも辺りの骨が。すぐに救急車で病院に運ばれたんだけど、原因は不明。
かなり長いこと入院することになり、1ヶ月くらい前も、その足の手術をしてた。
Aが言うには、その時「誰かに足を蹴られた」感覚がしたらしい。
当然試合中はたくさんの人が見ていたわけだから、誰か敵チームの人が足を蹴ったわけじゃないことはわかる。
で、半年くらい前、やっと退院できることになった。その時にAの兄のBが、友人に話したんだって。
「俺の弟、幽霊に足折られたんだってw」と。そうしたらそいつは、部活中(バスケ)に、
ドリブルシュートを決めた時、横転しあばら骨を骨折。

誰も死ななかったから良かったけど…。こうしてる口外してる自分にも何かあったらと思うと怖いよ…


02 03, 2011


720 2006/12/22(金) 12:38:16 ID:E6ar14uE0
怖い話ではないと思うが、現在進行形で起こってる話。
文才もないんで事実だけを並べてくよ。

 俺は今、19歳で2回生に上がってから大学は休学中。
前から、土器集めとか古物収集に興味があって去年の10月くらいに室町時代の無銘の日本刀(と言っても50cm強の脇差)
を買った。

 今でも、部屋の枕元に刀袋に入れて置いてあるんだけど、
買ったその日から現象が始まった。
 最初の日、甲冑武者じゃなくて直垂って言うのかわからないけど、鎌倉・戦国時代の武士が日頃着ているような
服を着た温和そうな武士あぐらをかいて、ただ静かに座ってるだけの夢を見た。
朝起きて夢かと思ってたら、玄関のほうでガタンって音がして見に行ったら、なぜか枕元に置いておいた
刀がそこに転がってた。
 起きる現象はこれだけで、パターンとしては刀袋から出ていたり、鞘から刀身が出てたりするくらい。

 それからも、その武士の夢は全く同じ構図で1ヶ月に1回くらい見てる。

本当にこれだけなので怖い話じゃないけど不思議な話。
ちなみに刀です。買ったときも他板でうpしたから見た人もいるかも
http://upp.sakura.ne.jp/src/upp5185.jpg


726 本当にあった怖い名無し sage 2006/12/22(金) 13:14:29 ID:1Hseb+zv0
>720
茎見せてもらえる?
画像の鮮明度悪いからなんともいえないんだけど
室町期のつくりにしてはどうも妙だ

下手するとばったもんつかまされてるよ


731 本当にあった怖い名無し sage 2006/12/22(金) 14:19:59 ID:1Hseb+zv0
>726
いやネタで話振ってるんじゃなくてほんと多いんだよ
鑑定書出す協会にしても複数なんて状況なんだわこれが

ある鑑定書つきの無銘(正宗)が
他の協会の所属鑑定士に見せたら単なる無銘と鑑定結果が出るとかざら
もちろんどっちかが鑑定ミス、あるいは両方間違ってるかもしれない
けど、どっちが正しいかなんてのは当時にさかのぼれでもしない限りわからんでしょ?
だから売る側に都合のいい鑑定書だけつけて売るのなんてのはざらなんだ
日本刀の世界ってのは

かくいう俺も一振り野太刀もってるけど
ある鑑定士に言わせれば仙台の鹽竈神社博物館所蔵の
通称伊達の大太刀とよばれる無銘のものと同じ人の手によるものだろういいものだなんていわれて
譲って欲しいとせがまれたけど
別のところでみてもらったらあっさり安物だみたいにいわれて
危うく買い叩かれそうになった
鑑定士は大抵古物商を兼業してるものだからこういうパターンもよくある


ちなみに日本刀関連の怖い話なら一つとっておきのがあるけど聞きたい?
知人の蒐集家から聞いた話だけどね


750 本当にあった怖い名無し sage 2006/12/22(金) 16:09:46 ID:1Hseb+zv0
これはつまごいとその人が勝手に呼んでた刀の話
実は二度ほどその人のコレクションを拝見させていただいたんだが
一度目には鞘にはいったままの姿を俺も目にしてる
丈はおそらく刀身で四尺三寸余きつめの反りをもつがけして鈍く見えない野太刀
鞘から抜いた姿は俺自身はついぞ目にすることは出来なかったけどな

彼はその野太刀を無銘だけどつまごいと呼んでいた
徴発されるまでは戦時下の頃につぶされた神社に奉納されていたものらしい
江戸の頃に書かれたものだろうという添え書きには
以下のような事が記されていたそうだ

この刀を打った人というのは大層信心深かった人で
各地の神社やらが奉納刀を求めたときくといてもたってもいられず
家内を疎かにしてまでもひたすら刀を打ったんだそうだ
そんなんだから奥方から三行半つきつけられたというだめ亭主
ところがこの男離縁されてはじめて奥方のことを想うようになり
刀のことすら考えずに復縁を迫ったんだと
ところが相手は素っ気ない
そのうち月日が流れてすっかり心身病んだこの男
ある日突然すっかり鍛冶からはなれてたんだが刀を打ち始めた
それからしばらくして復縁を迫りにもこなくなった事を不思議におもった元奥方が尋ねてみると
焼き入れが済まされていない刀と一緒に無残な姿の男がみつかったそうな


753 本当にあった怖い名無し sage 2006/12/22(金) 16:14:02 ID:1Hseb+zv0
これを聞いた別の鍛冶があまりに不憫だとして焼入れを済ませたのがこのつまごいで
形見として受け取った元奥方はある日突然この刀で白昼堂々自刃したという
この時の様があまりに恐ろしげであったことからいわくがついて
祀られるようになったんだと


で話はまだまだ続く
自刃したのは何もその元奥方だけではなくて
嘘かまことか神社に奉納されたあとも巫女が自刃を遂げる等
自刃にまつわる話が後を絶たなかったらしい
自刃してしまうのは総じて女性
巡りめぐってそれが彼の祖父の手にわたったわけなんだけど
祖父さんていうのは豪気な人で一笑に伏していたんだそうだ
ところが彼の祖母も自刃をその刀で遂げてしまった
曰くが本物であったとなってからは
雇い人に手入れはさせても自分ではけっして触れないようにと
これが第一の家訓となって
彼も家を継ぐ際に父親からもきつく言い含められたそうな

さてここまで聞くと俺の声は震えたね
実はこの話を聞いたのは二度目に彼のコレクションの見納めとして訪れた時の話だったんだ
彼は全てのコレクションを手放さざるをえない状況端的にいって破産したわけさ
「じゃあひょっとして 今ないのは?」
って俺が聞いたら
「どうしても欲しいという方がいてね、やむなく売った。」

2chでは俺でとおしてるけど実は自分女なんですよ
これを聞いてからというもの必死でお金を貯め続けてたりするわけです






霊道の開く場所

02 02, 2011


626 本当にあった怖い名無し sage New! 2007/01/30(火) 02:14:37 ID:nMvKtOKm0
320 :本当にあった怖い名無し :2006/09/25(月) 23:35:50 ID:e6BQEbUy0
>>317
このスレのシリーズのPART6。昨年のクリスマス前後にこんな情報あった。

46 :本当にあった怖い名無し :2005/10/27(木) 17:50:16 ID:zS9ch/lW0
浮間公園出ないの?
306 :本当にあった怖い名無し :2005/12/25(日) 05:26:55 ID:n71ZJruFO
>>46
浮間公園は出ないが、川原はやばい。
年に1度、必ずでっかい霊道がひらくのよ。
友人と2度程それに遭遇して、川原に変な屋敷?旅館?みたいな建物をみたり、三匹の黒くて赤い目をした犬においかけられたり、すごく綺麗な女性の霊をみたりした。
三匹の犬は、1匹が後ろのほうで指揮をとり2匹が確実に行き止まり方向にしか行けないように追い掛けてきたから可成恐かった。

霊道がひらいてるときは、空から川の水面にむけて黒い靄?雲?のようなものがのびているからわかる筈。
漏れはおととしの10月と今年の8月に経験。
ちなみに、市川の荒川河川敷でも同じような体験をしたよ。
その時には友人4人と生首やどっちをむいても正面にくる不思議な光や一旦モメンみたいな白いものを見た。


627 本当にあった怖い名無し sage New! 2007/01/30(火) 02:15:34 ID:nMvKtOKm0
244 :本当にあった怖い名無し :2006/09/19(火) 12:19:32 ID:046eKvdTO

一昨年ぐらい前、夜中に赤羽北荒川大橋の土手を友達と散歩した時…

友達が嫌な雰囲気だから帰ろうと言ってたが
俺は全く聞く耳持たず楽しく散歩していた。
橋の向こう側には学校があり、手前にはミニゴルフ場があった。

ミニゴルフ場を探索して俺は前に突き進もうとしたところに俺は見えてしまった…。

白く巨大な手の形をしたモノが空から向かってきたΣ(゚口゚)

俺は直ぐに逃げる様に引き返した。

赤水門だけじゃなくあの辺はヤバいわ

>>244
過去スレによると、荒川土手の埼京線陸橋前後は霊道の集約した場所って書き込みあった。
河原に見たことの無い巨大な建物(銭湯のようなシルエットの大きい日本家屋)とか、ケルベロスのような犬を見ることがあるらしい。

317 :本当にあった怖い名無し :2006/09/25(月) 22:01:10 ID:1vH/YYmt0
>>314
つまり埼京線のすぐ隣にある戸田橋も、ということか。

628 本当にあった怖い名無し sage New! 2007/01/30(火) 02:16:38 ID:nMvKtOKm0
318 :本当にあった怖い名無し :2006/09/25(月) 23:25:03 ID:e6BQEbUy0
>>317
戸田橋はそれ以前の書き込みで、結構と霊道説が飛び交っていた場所だ。
霊感の波長が合う人は色々と見えるのだろうな。
洒落怖のスレにもコピペ貼った事があるので、まとめサイトのどこかにあるかもしれないが・・・。

321 :本当にあった怖い名無し :2006/09/25(月) 23:36:52 ID:e6BQEbUy0
309 :和泉元彌:2005/12/25(日) 11:09:42 ID:x/k9nQ0F0
>>306
舟渡の方じゃなくて?
舟渡なら斎場もあるし、川向かいの戸田公園なら昔チョロ(中野英雄)が自殺したところだ
321 :本当にあった怖い名無し :2005/12/26(月) 06:13:57 ID:mUFYCbxoO
>>309
場所は、浮間公園をまっすぐに抜けて階段をのぼったあたりから戸田橋のあたりにかけて。
今思い出しましたが、霊道が開いてる時以外にも変な建物の残像?は見た事があります。
霊道が開いてる時はその残像がより強く存在を主張する感じになります。

自分はわりと見える体質なので、部屋でCDラックのCDを眺めるおじさんとかに遭遇する事もありますが、そんな通りすがりの霊から出る力とは違い、川原で体験したのはあまりにも邪悪で黒い、強い霊気によって引き起こされた霊現象だと感じました。







不気味な女の夢

02 01, 2011


397 本当にあった怖い名無し New! 2007/04/14(土) 07:51:03 ID:bKeZsyyLO
怖い夢で変な時間に起きてしまった。その夢は半年ぐらい前、よくうなされた夢でここ最近は見ていなかったのだが、あるテレビ番組がきっかけでまたうなされた。
つい先日に深夜にやっていた怖い話の番組に出ていた不気味な女が、私の見た夢に出てくる女と似ていた。
それに触発されて、またうなされたんだと思う。

でも、この夢を最初に見た日は夢だったのか現実だったのかハッキリしない謎がある。




それは半年前にお盆休みを利用して地元の仲のよかったグループ数人で久々に会うことになった。
集合はやっぱり地元付近という意見になって、郊外に住んでいた僕はその日の夕方、地元へと足を運んだ。
久々会ってみると、予想通り、昔の様にはしゃいであっという間に時間が経った。

 気付くと夜、カラオケを歌っていて2時頃を過ぎた時には、友達も3人になり僕は以外は寝だした。僕は酒に強くなく、あまり飲まないため起きていた。


398 本当にあった怖い名無し New! 2007/04/14(土) 07:52:26 ID:bKeZsyyLO
このままでもしょうがないやれやれという感じでそのカラオケ店から、酔っ払った友達を担ぎ出し、タクシーに乗せ帰らせた。
自分だけ帰路が反対方向だったので道路の反対でタクシーを止めようと思った時に、「マンガ喫茶」のチカチカした看板が目に入った。

(タクシー高いし、始発で帰ろう)

と思い、中に入った。
その後、そのまま案内され座敷に入ると、どっと疲れた。持ってきた漫画も読まずに横になって心地よくなった。


ここからがよくわからないのだが、

その後、変な寒さを感じて、背中に手をやるとぐっしょりシャツが濡れていて気持ちが悪くなり、寝つけなくなってウトウトしていた様な気がする。と同時に視線を感じ出し、気になり、仰向けのままきょろきょろしても誰からも見られてない…。

でも、視線は続き、おかしいと思って。自分の個室のドアを見た時、

漫画喫茶のドアって中途半端に下が開いてる(現在はよくしりません)タイプでそこから通路と反対側の部屋がみえた。

399 本当にあった怖い名無し New! 2007/04/14(土) 07:55:49 ID:bKeZsyyLO
で、そこのドアの下から反対側真正面の部屋を見たとき、薄気味悪い髪長い女が無表情のまま、アッチもドアの下から、目をかっぴらい見てるんです。
で、首を伸ばして顔をその隙間からにゅぅーと、少し出し来て止まると



笑うというより、ゆっくり唇をひきつらせる様に微笑みました。

自分の体がピキンと固まってしまって視線も、そらせないでいると、その女は手足を地面につけ、トカゲのような速さで

ペタペタっ!とこっちによって来たんです。


丁度、目の前まで来た瞬間に「うわっ!」と起きるともう誰もいませんでした。

ここからは意識はハッキリしていて、起きた後、自分の筋肉が有り得ない位、痙攣してたのを覚えています。

凄く怖くなり、急いで周りを確認してから、スニーカーに足を入れ、ダッシュで出ようとすると、歩き出してすぐ左足に針で刺された様な痛みが走り、靴を脱いで中を見ると爪切りで切った様な爪が何個も左のスニーカーに入ってたんです。
もうその場で気持ち悪くなり、店を出ると外は朝方で自分はパニクっていてすぐタクシーを拾って帰りました。
家の近くで降りて、近くにあったゴミ捨て場に靴と靴下を捨て裸足で呆然として帰りました。

400 本当にあった怖い名無し New! 2007/04/14(土) 07:57:35 ID:bKeZsyyLO

その日以来、漫画喫茶に入れなくなり、ちょくちょく夢で漫画喫茶でトカゲように走って来る女の夢にうなされるようになりました。






空き缶

01 31, 2011
8 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/05/13 05:25 ID:qWld+n40

友人の話。
五年くらい前の年末、自分の部屋の大掃除をしていたとき、
飲み残しのコカコーラ(缶)があって、振ると中に少し残ってる音がした。
中身を捨ててゴミに出そうと思って、洗面所に捨てに行き、
缶をひっくり返したところ、中から少量のコーラと長い髪の毛が大量に。
その友人は丸坊主だし、姉貴がいるけど缶に髪の毛詰めるなんて奇人ではない。
あっと思ったときにはもう髪の毛は全部流れてしまったそうだけれど。

あとしたらばの「髪を毟られる」スレでも書いたけど、
ヤマニシさんっぽい?話が地元にあったのでまた後で。っぽいかどうかは知らんが。



アンパンマンからコーラン

01 26, 2011


423 コピペ隊 sage 2005/08/19(金) 11:54:47 ID:xEqB4tqa0
~不思議な体験エニグマから~

 「アンパンマンからコーラン?」

335 本当にあった怖い名無し New! 2005/08/17(水) 21:02:49 ID:Z81o3ffd0
前スレで、「アンパンマンのおもちゃから、イスラム系のような歌が聞こえる」という書き込みをしたものです。
先日実家に帰り、そのぬいぐるみを持ち帰ってきたのですが、動画をアップしてもよろしいでしょうか?
それとももう一度最初から書き直したほうが良いでしょうか。
一応概略を説明しますと、親がUFOキャッチャーで取ってきた、足をバタバタするアンパンマンのぬいぐるみがあったのですが、
ふと戯れでその足を押さえつけてみたところ、なにか奇妙な歌のような音が聞こえる、という話でした。

ちなみに中を無理やりあけてみたところ、足を動かす機構以外にスピーカーが組み込まれていました。
しかし親は、展示されていたサンプル品から音が鳴っていたかどうかは記憶にないそうです。



361 335 sage New! 2005/08/17(水) 23:57:31 ID:Z81o3ffd0
ttp://osiire.x0.com/uploader/upload.cgi?mode=dl&file=2340
DLkey=anpan

スローで聴けます。
http://osiire.x0.com/uploader/upload.cgi?mode=dl&file=2344
passは同じくanpanです。

再ウpしました
http://osiire.x0.com/uploader/upload.cgi?mode=dl&file=2365
key anpan



角を探すモノ

01 25, 2011


31 本当にあった怖い名無し sage 2006/12/07(木) 23:00:52 ID:V10WAfZT0
あんまり怖くないかもしれんが俺の唯一の心霊体験
5年前の夏、寝てたら男の幽霊が部屋に入ってきて、うろうろし始めたのよ
スゲー怖くて布団被ってやり過ごしてたら、
「ツノ(角?俺はこう聞こえた)知らないか?」
って聞かれた
ツノとか聞かれてもんなもんねーし、知らんがな・・・とか思っていると、
「丸くて大きい」
とか特徴を教えてもらった。というかこいつ人の心を読んでる?
それからも暫くうろうろしてて、その間ヒマなのか知らないけど俺が頭の中で
こいつなんだろうとか帰ってくれとか思うたびに反応するんだよね
「ずっとツノを探している」
「ツノが無いと怒られてしまう」
いい加減俺も限界が来て「ツノなんてねーよ!マジ帰って!」って言葉に出して
言うと、「他を探す」って言ってどっか行った

あいつ今もどこかでツノ探してんのかなー
ここの話に出てるような怖いヤツじゃなかったから、思い切ってツノが何なのか
聞いてみればよかったとちょっと後悔している



生かされてる、という実感

01 25, 2011


963 本当にあった怖い名無し New! 2007/02/17(土) 11:54:10 ID:0E1+AF7/0
俺の友達の友達の話。
要は知らん人のはなしだ。w
その人は普通に霊が見える人らしい。
日常的にわんさか見えてるそうだ。
だから、慣れてしまってるのでそうそう驚かない。
血だらけの女がいようが、ビルから落ちてくる人を
見ようが平気なんだそうだ。
しかも、その気になれば話もできて、初めのうちは
色々聞いてやったりもしたそうだが、今では面倒なので
一切シカトしてるそうだ。
その能力を使えば、殺された人などから犯人や遺体の場所、
時期など全て聞きだせるので、未解決事件でも解決できる
だろうが、信じてもらえないし、そこまでするギリもないのでしない。
もう達観してしまってるみたいだ。
当然金儲けとかも考えていないそうだ。



964 本当にあった怖い名無し New! 2007/02/17(土) 11:55:11 ID:0E1+AF7/0
続き
そんな彼にも、年に数回声を上げてしまうほど驚く事が
あるという。
突然ビルの陰から、数十mの巨大な人が現れて、町を徘徊
してるそうだ。 信号待ちしたりもするそうだ。w
殆どの霊は等身大なのに、極々稀にそういう巨大化したヤツが
現れるそうで、それには驚くみたい。

極めつけは、ある日町を歩いていて、突然体が動かなくなり、
驚いて回りを見渡すと、白く輝く人が、ゆっくり空に上って
行くのが見えたそうだ。
それはそいつが普段見ている霊とは明らかに違い、
その者によって体が動かないのが直感的に分かったそうだ。
その者がなんなのかわからないが、普段見ている霊に対しては
人間と同じに感じるが、その者には絶対に敵わないと確信できるし、
恐怖すら感じたそうだ。 
恐らくその者がその気になれば、人類や世界など簡単に終わらせる
事が出来るだろうと言う。
それ以降、生かされているという実感が凄く沸いたそうだ。

本当かどうか分からない。
否定する能力がこちらにはないし、常軌を逸しているので
判断する材料もない。
そういう世界があるのだなあと思うくらいしかない。






ナラバシネ!

01 24, 2011
883 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/05/28 16:49 ID:R5dx1U9F

昔ラヂオで聞いた話。

人形好きなおばあさんがいたそうな。
おばあさんには身寄りも無く一体の人形だけが友達であり、家族であった。
いつもの用に家事をしながら、おばあさんは一点を見つめて座り続ける人形に言った。
「毎日座ってたらつまらんだろう。あんたも歩ければ良いのにねぇ!」
翌日から人形は歩き始めた。その代わりおばあさんは歩けなくなった。
それでもおばあさんは人形を可愛がった。無言で歩き続ける人形にむかっておばあさんは言った。
「どこに行くの?答えられないか。あんたもしゃべれたらいいのにねぇ」
翌日から人形はしゃべり始めた。その代わりおばあさんはしゃべれなくなった。
さすがに歩けず、しゃべれない状態でおばあさんは苦しかった。
誰かに助けて欲しかった。目の前でケタケタ笑いながら歩いている人形を見ながら
心の中で思った。
「この子が人間だったら、世話をしてもらえるのにねぇ」

・・・「ナラバシネ!」

人形はおばあさんを殺して人間になった。



マンホールから声

01 24, 2011


829 本当にあった怖い名無し sage 2005/06/04(土) 23:43:44 ID:UDIs/0tl0
小学三、四年生の頃の話です。
「なかよし」の応募者全員大サービス(応募券と切手入れて送ると必ず貰えるやつ)で
当時爆発的に流行っていたセーラームーンのネックレスと指輪が自宅に届きました。
「月の光をあてると運気は更にパワーアップ」と同封されていた説明書に書いてあったので、
わざわざ暗くなってから外に出て、そのアホみたいなことを試しに行きました。
月は出ていませんでした。
しかし月の光をあてたい一心でしばらく空を見上げていました。
突然、目の前にあるマンホールから水が流れる音が聞こえてきました。
小心な私は驚いてじっとそのマンホールを見つめました。
音はまだ続いています。
その音に混じってですが、確かに聞こえたんです。
子供の声で「おかえりなさい」って。

微妙ですけど本当に怖かった体験です。
今でもあの声は忘れられません。


占い師の仕業?

01 18, 2011


184 本当にあった怖い名無し 04/08/22 04:23 ID:/itbV6k9
>174を見て思い出した。

忘れもしない2002年10月。
会社の帰り。タイムカードでは21時頃だった。
俺と同僚は錦糸町駅の高架橋をくぐって歩いていた。

高架橋の中にオバサン占い師がいた。
目をつぶってて、妙に怪しげな動き?をしていたのを覚えている。
無視して通り過ごそうとしたら
占い師は「お兄さんたち、1分でいいから話を聞いてよ。」という。
すごく綺麗な声だったのが、かえって怪しく聞こえてしまい、
なんだ新手の客引きかよと友人は「急いでるんで。じゃ。」と高架橋を抜けた。

で、駅について定期で入ろうとすると改札で止められた。
同僚も改札でひっかかっている。あれ?
期限まだ切れてないぞ?と定期を見る・・・・大丈夫だ。
よく見ると駅前の様子が何か違う。同僚が叫んだ。
「あれーーーー??ここ稲毛駅だぜ??」 
「ええええええええええ?!?!」

怖いというより、びっくりして動転して俺達はまじで改札で絶叫してしまってた。
稲毛駅の人ごめんなさい。
同僚がちょっと漏らしちゃったのでトイレで着替えた後、
結局、その日は電車に乗って帰った。

怖くないけど本当の体験だよ。
そういえば占い師の顔とか動きとか普通じゃなかったな。
話し聞いてたら何かあったのかな。


旅館に漂う霊

01 17, 2011


18 本当にあった怖い名無し 2006/10/15(日) 01:36:54 ID:ArlXM+oz0
旅館に漂う霊
おれ(男)
A:先輩(男)
B:先輩嫁(女)
C:先輩嫁の友人(女)
の4人で旅行にいったときの話です。
その旅行は1泊旅行だったんだけど、冬の温泉街はそれは風情もあって楽しくおれたちは温泉めぐりしたり旅行を楽しんでた。
部屋は4人部屋でおれの横にAさん、Aさんの頭を向かいにしてBさん、その隣にCさん。Cさんはおれの頭あわせで向かい側ね。
お酒も飲み1人、また1人と寝床に着いた。夜中急におれは目が覚めて、ここで完全に目が覚めてはなかなか寝れないと思ってすぐ寝ようとした。
すると頭のほうから畳を刷る「サッサッ」っていう音が聞こえて、ああ誰かトイレ言ったんだなと思って無視してたんだ。
そうするとその畳を刷る音がだんだん近くに聞こえてきて、もう筆ペンで落書きとかいたずらはしないでよとか思ってた。
畳の刷る音が急に止まると、なんとおれの寝ている敷布団が足で踏まれる感覚がした。「ブスッブスッ」と敷布団から
その感覚が伝わってくる。まだオレはそのとき、誰かがおれのそばに近づきいたずらするのって思ってた。

19 18 2006/10/15(日) 01:38:31 ID:ArlXM+oz0
次の瞬間!仰向けで首まで布団をかぶってたおれの右側の縁がグッと押された。
!!なんだこれ!!ここでなんか変と思った。
と、次の瞬間今度は左側がしずむ。くるしぃぃ!敷布団と掛け布団の縁で首をしめられた形だ。
もうくるしいだけでこわくて目も開けてない。
くるしいぃくるしいぃと思ってたら急にそれが解けて楽になった。
おれはあわててみんなを見るとみんなスヤスヤ寝ていた。
今のは何だったんだ!?を思いつつ夢かもしれないし、でも怖いからテレビをつけて
今度は脇までしか布団かぶらずに横になって寝た。
やがて朝がきて旅館の朝飯が用意されるのを待ちながらおれは一人で昨日の出来事を思い出していた。
するとオレの頭側で寝ていたCさんが笑いながら、「Aさん、私昨日最後に寝付いたんですけどびっくりしましたよw」
するとAさんは「オレなんかしてた?」といって、おれは何気にその話に耳を向けた。
C「いや私ウトウト寝掛かりかけたときAさんなんか手を払いながらヤメロヤッ!って叫んでましたよ。私びっくりしましたよw」
A「え?おれそんなことしてたの?w」
それを聞いた瞬間、まさかと思った!
旅館のご飯も用意されて旅館の人が部屋を出てから、おれは昨日の体験をみんなに話した。
今思うと男に恨みをもった女性の霊がおれら男2人に恨みをはらしにきたんだと思う。

20 本当にあった怖い名無し sage 2006/10/15(日) 01:39:12 ID:xP9odYDBO
旦那が怖い
ある日旦那は仕事で必要なお金を持ち合わせてなくて
同僚に借りた。私には一万円借りたと言った。
でも本当は五千円だった
うちはカネコマだから五千円て大きい
そういう小さい嘘を沢山つく
結婚当初は「んモォ~☆」て流せてたけど
小さい嘘でも何回もつかれると…
平然と嘘をつけるメンタリティが怖い

「死ぬ程」怖くはないですね…





同じ夢と隣の雑音

01 17, 2011


823 本当にあった怖い名無し sage New! 2007/09/02(日) 22:35:31 ID:h6TX01Db0
私の両親が岡山のホテルにて体験した話。
町内会の旅行のツアーに参加した私の両親は、
岡山の見るからに怪しいホテルに泊まる事になった。
ホテルに入ると一瞬にして分かる異様な雰囲気。
嫌だなと思いながらも、
心霊体験を経験した事のない二人は余りそういう事は
考えずに部屋に着いた。

一通り、観光を終え部屋に戻った二人、
隣の部屋は近所のおばちゃん達の相部屋、
一向に納まらない隣のザワザワという音にも
「盛り上がっているんだな」程度しか考えず、そのまま床に就いた。

 そして、その夜に異変は起こった。
母親の夢の中、ホテルの部屋に入ってくる青白い顔をした男の人。
夢の中、恐怖におののきながら母は隣で寝ている父に必死になって
「お父さん、お父さん」と呼びかけるが声にならない。

そして、その男の人はそのままベランダに向かって、
すぅーと消えていった。そして夢はそこで終わる。
そして朝になり、母は慌てて父に自分の夢の話をした。
すると父は、驚いた事を口にした。
「俺も夢で見たよ、部屋に入ってくる男の人を・・・」
二人は同時に夢の中で同じ男の人を見ていたのだ。

 そして、帰りのバスの中、母は隣の部屋のおばちゃん連中に
「昨日は、夜遅くまで盛り上がっていたんだね」と聞いた。
すると「えっ。昨日は疲れていた事もあって、すぐに寝たよ」
「えっ。じゃあ、あのずっと人が話していた様なザワザワとした音は・・・」

 後日談として聞いた所、そこのホテルは、精神病院の跡地に建てられた物らしい。






「死の街」

01 16, 2011


487 1 sage 04/11/04 17:48:56 ID:vakmsI3d
 映像製作の専門学校がありまして、私はそこで講師の助手のような仕事をしています。
1年生の授業で、「カメラを渡され講師が決めたテーマに沿った映像を次の授業の日までに撮ってくる」
というものがあるんです。で、その先生が第一回の授業で課題に出すテーマはいつも同じだったんですよ。
「死んだ街」というテーマなんです。
で、この授業の狙いは「顧客の漠然とした要求にいかに具体的な映像で答え納得させるか」みたいな
事を勉強する授業で、今回の死んだ街の場合なら、一番ベタなのは寂れて見えるような映像を撮ってくれば良いわけです。
でも生徒は皆まだ学校に入ってから半年程度しかたってない素人同然の人間ですから、
そんな意図はなかなか汲み取れないわけです。
だから、結構変なものをみんな撮ってくるんですね。死んだ虫撮って来たり、自殺する人の短編ドラマ作ってみたり。

 その生徒が撮って来た映像の中に一つ妙なものが混じってたという話なんです。
その映像には「別館」と呼ばれているうちの学校の敷地内のビルが映っておりまして、
夕暮れ時に生徒がカメラを持ってそのビルの中を歩きながらここで女が自殺して幽霊が云々という話を
延々とするという、まあなんとなく実話怪談モノのような趣のある変な物だったんですが。
オチが結構よく出来てまして、最後に最上階の教室でその怪談話を語り終わった後で
カメラが突然アングルを変えて固定されて、画面の上の方に窓が映るんですが、
その窓の外に女が張り付いてるんですよ。窓に手を押し付けるようにして。
要するに「幽霊話してたら幽霊が出ちゃった」というオチをつけたんだと思って感心したんです。
外も暗くなってきたしカメラのピントがその女に合ってないから表情なんかもちょっとぼけててわからなくて、
それがまた幽霊っぽくてなんとも怖いんですね。

488 2 sage 04/11/04 17:49:36 ID:vakmsI3d
 それで次の授業の後に、この前のアレ、テーマからは外れてたけど面白かったじゃないか
なんて言ってそれを撮った生徒と話したんですよ。
そうして話しているうちに妙な事に気付いたんです。彼、窓の外の女のことは知らないって言うんですよ。
確かにそのビルで怪談話をしながら撮ったんだけど、オチの後のその窓が映るカットは、
単に撮影を終えてカメラを地面に置いた時に録画スイッチを切り忘れただけで、
荷物を片付け終わった時にカメラが回っていることに気付いてカメラを止めたんだけど
まだ自分は編集機材は使えないし上から他の映像かぶせるのも変だしそのままにして
課題提出しちゃっただけだ。って言うんですね。

 私はてっきりその生徒が僕を怖がらせようとしてオチの事をはぐらかしてるんだと思って
あの女の子彼女?とか、あんな高い所の窓の外に立たせたりしてよく怒られなかったなーとか
からかってたんですが、そのうち彼が「何言ってるんだ!」とか怒り出しまして、
一緒にその彼が撮ってきた作品を編集室で見ることにしたんです。
で、女が映ってる所見て私がホラホラって窓の所示したら、彼真っ青な顔になって
こんな物撮ってない。俺は知らない。って言ってそのまま帰っちゃったんですよ。
で、私は一人編集室に取り残されまして、「最後まで芸達者な奴だなあ」とかニヤニヤしながら
彼の撮ったその窓の外の女の映像を見ていたんですが
そこで気付いたんです。
映ってる教室の窓の大きさから逆算すると、その女、顔の大きさが70cmぐらいある計算になるんです。


天気予報

01 16, 2011
17 名前: H 04/05/22 04:30 ID:NKAQC1XH

さっき別のスレでも書き込んだ話です。「聞きたい?」さんの続き待つ間に。

昨夜怖い夢で飛び起きた。夢の怖さは見た本人しかわかりにくいと思うので
ここで書いてもよくわかってくれないとは思うけど…。

23 名前: H 04/05/22 04:40 ID:NKAQC1XH

・・・まぁいいや。
続き書きます。

見た夢の内容はというと、俺が電話の受話器を取って電話かけようとすると
どうも受話器の向こうから聞こえる音が何か違う。
もう既にどこかにつながっているようで、受話器の向こうからかすかな
「ザー」っていう雑音が聞こえる。かなりあせったけど部屋に彼女が来てたので
あせる姿を見せるのはかっこ悪いと思い(ここからが夢特有の不合理なところ)
冷静を装って雑音しか聞こえてこない受話器に向かって会話してる振りをした。
なぜか理由はわからないけどいつも会社でお得意先にかけるような電話の内容だったと思う。
「あ、どうも○○(←会社の名前)の××(←俺の名前)です。ご無沙汰しておりました…」
みたいな感じ。
当然答えが返ってくるわけじゃないので完全に一人芝居。
…のはずだったんだけどいきなり受話器の向こうから「…大丈夫か?」と一言。
あわてて電話切ったら部屋に知らない女が居た。
そこで目が覚めた。


25 名前: H 04/05/22 04:42 ID:NKAQC1XH

現実世界だったら受話器を取る瞬間にどこかから電話かかってきてて
タイミングよく俺が受話器とったから、電話かけてきた奴もあせって
しばし無言。で、そこに持ってきて俺が電話の向こうで一人芝居始めたから
電話の相手も気味悪くなって思わず「お前大丈夫か?」と声かけた…
という落ちなんだろうけど、夢の中ではとてもそんな和やかなオチなんて
感じじゃなくてなんかすごくいやな感じがした。
とにかく明け方にそんな夢で目が覚めた。

26 名前: H 04/05/22 04:45 ID:NKAQC1XH

…「聞きたい?」さんとかぶった…ごめん。

ここからはその後の現実の話。
なんでそんな夢を見たかというと多分今日電話開設の工事が来て
ようやく部屋に電話を設置するからだと思う。
まあとにかく工事終了後、電話機とFAXとTA買ってきて設置した。
うまく設定できたか確かめるためにとりあえずと思い177(天気予報)
に電話してみた。ちゃんとつながった。
安心して電話切ったら直後に電話かかってきた。
電話帳にも載せてないのに誰だ!?と思い、それでも受話器とって耳にあてたら
スピーカーから聞こえてきたのは天気予報だった…。

この現象って新たに電話引いたときには当たり前のことなのでしょうか…?
とにかく明け方の夢のこともあったし怖かった。

27 名前: H 04/05/22 04:46 ID:NKAQC1XH

この話を彼女に話したところ「そういえば前あなたが住んでた目黒の部屋にも
女の人(昔彼女が俺の部屋で寝てて金縛りにあった時に部屋の中に女が入ってきた。
その女は部屋に入ってくるなり俺の彼女に『あなた誰よ?』って聞いたらしい。
俺は何も知らず高いびきで寝てた)居たから、その人がついて来てんじゃないの?」
とのこと。もちろんその入ってきたという知らない女は現実のものじゃない。

俺怖い話好きなくせに霊感無いのか怖い体験、不思議な体験しょっちゅう
してんのに自分の目で霊とか見たことはないんだなぁ。
これは良いのか悪いのか。



Sponserd

最近の怖い話
最新コメント
通勤・通学時にモバイル怖い話
QR
カテゴリ